地球上で初めて骨と呼べるものを持った動物

こんにちは山本です
皆さん地球上で初めて骨と呼べるものを持った動物をご存じですか?
その動物の名前はアランダスピスと言います。
約4億6000万年前の動物で、しかも骨と呼べるものが人間と違い。
人間の場合は体の表面ではなく内側に存在しますが、アランダスピスは
骨質の皮として、体の前半身外側をおおっていたそうです。
この後どのようにして、現在の状態に進化していったのか?
また、別の機会にお話させていただけたらと思います。

粉骨のことなら 遺骨供養 ウーナ

このページのトップへ戻る

わからないことはなんでも。ウーナにご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-159-566

<受付時間 平日9:00~17:00>

お問い合わせはコチラ