粉骨

下記をお考えになられている方におすすめです。

・海洋散骨や樹木葬をしたい
海洋散骨では粉骨が法律の観点からも必要な加工になります。土に触れさせる樹木葬においては、粉骨された骨は焼骨のままの骨に比べ数十倍早く自然に還ることができます。
・自宅に安置して供養したい
乾燥、殺菌をしたうえでさらさらな粉上になった骨を真空包装することで、衛生的な状態のまま長期間保管が可能になります。
・お墓のお引越し/永代供養/合祀墓を考えている
お墓出しをされた複数の骨壺を粉骨し、引っ越し先の納骨料金節約のために骨壺の数を減らしてまとめることができます。
ご安置先によってはご遺骨の状態により洗浄や乾燥を求められるところがございます。

粉骨サービス

ご遺骨はイメージです

粉骨

焼骨をされてお墓には納骨されておらず、比較的短期間ご自宅に保管されていたお骨の多くは、洗骨の必要はなく、直接粉骨を行うことが可能です。
※場合によっては洗骨・乾燥が必要となる場合があります。

ご遺骨はイメージです

洗骨・乾燥・粉骨

お墓から出されたご遺骨はほぼすべて水分を含んでいる状態であること、ご遺骨表面に菌が付着している可能性が高い観点から洗骨・乾燥・粉骨の順序での対応が必要となります。
また、ご自宅に長期間保管されたいた場合にも同じ対応が必要になる可能性がございます。

洗骨・乾燥

お墓出しされたご遺骨に土やカビ、臭いなどが付着している場合がございます。また、お墓のお引越しをされる際にお引越し先からご遺骨の洗浄や乾燥を条件とされるケースもございます。

環境に配慮した粉骨と散骨

弊社で散骨を代行させて頂くか否かに関わらず、散骨をご希望のお客様には弊社での粉骨時に六価クロムの還元処理を必ず行います。高発がん性物質である六価クロムは致死量がたったの0.5g、また水に容易に溶けてしまうため、魚や貝、珪藻類など多くの海洋生物を生命の危機に追いやってしまう危険性があります。全ての散骨をご希望されるご遺骨に六価クロムの還元処理を行うことは、本来あるべき地球にやさしい骨の姿に戻すための義務だと考えます。
弊社が委託するパートナー様では献酒と生花を海にまくことはあえて行っておりません。理由はそれらをしてしまうと海の環境を破壊してしまうからです。魚はアルコールの中では生きられません。また、花は陸上の土や微生物があってこそ分解されるようにできており、海には花を分解する生物がほとんどいません。海洋散骨はご遺骨を自然に還して差し上げることを1つの目的としているはずですので、海の環境そのものに尊厳をもって接するべきだと考えます。

このページのトップへ戻る

わからないことはなんでも。ウーナにご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-159-566

<受付時間 平日9:00~17:00>

お問い合わせはコチラ