ご遺骨はイメージです

六価クロムとは?

高発がん性物質で、致死量はたったの0.5g~1gと、人体だけでなく、環境にとっても非常に有害な物質です。
六価クロムが人体に入った場合、鼻中隔穿孔という中毒症状や、肺がん、気道障害、皮膚障害など体に多くの害をもたらします。

クロム(元素記号Cr)自体は日常生活でも良く使われている金属で、鉄との合金として用いられたり、顔料にも含まれています。
自然界にも三価クロムという状態でどこにでも存在している物質です。

しかし、六価クロムは違います。自然界の営みの中では元々ほとんど存在しておらず、工業製品や特殊な環境下で発生します。
六価クロムは不安定な状態で酸化力が高く、容易に体内の細胞まで到達し細胞内でDNAを破壊した後で三価クロムに戻ります。
また、水にも容易に溶けてしまう性質があるため、海に流れ出てしまうと魚や貝、珪藻類に至るまで悪影響を及ぼしてしまいます。
わたしたちが使っている水道も、「水質汚濁防止法」により六価クロム含有量を0.5mg/リットル以下に抑えなければいけないという厳しい環境基準を設けられています。

なぜ骨に六価クロム?

もともと骨を含む人体にも六価クロムはありません。しかし、火葬場で炉の内部に使用されている耐熱ステンレスから非常に高温になる環境下でクロムを放出し、六価クロムとなってご遺骨に付着します。実際に六価クロムの検査試薬を用いてご遺骨を測定すると、高い確率で水質基準以上の六価クロムが検出されます。

わたしたちの六価クロムへの対応

六価クロムの無害化

六価クロムは、有機質を酸化をさせることで無害である三価クロムに変わります。そこでわたしたちは、法律を遵守するだけでなく自然環境にも配慮するため、重金属還元剤(特許取得済)を用いて六価クロムを還元処理し、無害化する対応を行っております。
海洋散骨をご要望されたり、洗骨をされる場合は全て六価クロム還元処理を行います。
粉骨のみをご希望で、散骨をされるご予定がないお客様には、オプションとして還元処理をご提供しております。

<六価クロム 処理前>

<六価クロム 処理後>

このページのトップへ戻る

わからないことはなんでも。ウーナにご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-159-566

<受付時間 平日9:00~17:00>

お問い合わせはコチラ