土葬と火葬の比率

お墓じまいをされたご遺骨を承る際、

土葬をされたご遺骨もございます。

今ではほぼ100%が火葬ではありますが、

昔はご遺体を火葬せず、土中に埋葬されていた土葬が主流でした。

火葬と土葬の比率がどう変わっていったのか気になって調べてみると、

火葬の比率が50%を超えたのは1935年、1970年でもまだ79%だったようです。

ということは、その当時まだ5人に1人が土葬をされていたことになります。

土葬は遠い昔に無くなったように勝手に思い込んでいましたが、

日本の長い歴史を考えればほんの少し前まで行われていたようなものでした。

 

法月

 

粉骨・洗骨・海洋散骨のことなら
遺骨供養ウーナ

このページのトップへ戻る

わからないことはなんでも。ウーナにご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-159-566

<受付時間 平日9:00~17:00>

お問い合わせはコチラ